ドクター

歯医者が行なう様々な施術|痛みの負担もない治療法

さまざまな治療法

医者と患者

東京の歯医者さんは、虫歯に対してさまざまな治療法を行ないます。オーソドックスな治療法としては、虫歯が発生した箇所をドリルで削り、歯科用の樹脂であるインレーで塞ぐ方法を行ないます。虫歯菌によって溶かされた穴をドリルで削り、奥に潜む虫歯菌を殺菌することで虫歯の進行を抑えられます。隅々まで殺菌した後は、インレーと呼ばれる樹脂によって穴を塞ぐのです。歯は、ごく表面を虫歯菌に溶かされた場合は、再石灰化によって再生できます。しかし歯痛が生じるほど溶かされた歯は、自然に再生することはありません。放置すれば虫歯が再発する恐れがあるため、インレーを使ってしっかりと穴を塞ぐのです。インレーは歯と同色であるため、治療跡も目立たず、また毎日の食事による咀嚼にも耐えられるほど頑丈な素材です。東京などの歯医者さんで治療の相談をする際には、このインレーを使った治療法を選択するとよいでしょう。

歯の病の治療を行なう際に、東京にある多くの歯医者さんではレーザー治療機を使った方法も行ないます。医療用機器としても広く用いられるレーザーは、虫歯に使用することで、痛みもなく治療を行なうことができるでしょう。レーザー機器を使用することで、歯肉の炎症を治療することができます。歯周ポケットに菌が入り込むことで、この歯肉の炎症は起こります。炎症を起こした歯肉はダメージによって徐々に後退してしまい、歯が抜け落ちやすい状態となってしまうのです。いわゆる歯周病と呼ばれる歯の病に対し、このレーザー治療は高い効果をもたらすでしょう。麻酔も使わずに治療ができるため、治療による痛みに不安を覚える人が多く選択する治療法です。痛みによる負担が少ない治療法を探しているなら、東京の歯医者さんが行なうレーザー治療を受けましょう。