ドクター

歯医者が行なう様々な施術|痛みの負担もない治療法

注意すべき口のガン

歯の模型

口腔内に現れる病といえば、多くの人は虫歯や歯周病などを連想するものです。しかし、口の中に現れる症状は、口腔内の細菌によって起こるものばかりではないのです。口の中にできるガン、口腔ガンが発生することがあるのです。口腔内は食事や喫煙、飲酒によって度重なる刺激を受けるものです。香辛料や塩分が多すぎる食事を頻繁に摂る人や、毎日のようにタバコを吸う人、アルコール度数の高いお酒を愛飲する人などは、この口腔ガンに掛かるリスクが高いとされています。この口腔ガンは成長すると固いしこり状の腫瘍になりますが、多くの人はこれを口内炎だと勘違いしてしまい、重篤な症状が現れるまで放置してしまうことがあるのです。口腔ガンもまた、他のガンと同様に血液やリンパ液の流れに乗って転移する性質があります。そのため、早めの発見と処置が何よりも重要であるのです。東京の歯医者さんは、このような口腔ガンに対しても処置を行います。初期の状態であれば、歯医者さんは腫瘍の切開によって治療を行なうことができるのです。

東京や様々な歯医者さんでは、綿棒で細胞の表層を採取し、ガンがどうかを検査することが出来ます。口腔ガンであった場合、麻酔処置と切開によって速やかにガン腫瘍を取り除くのです。他の転移が見られる場合は、東京に多いガン治療専門の病院へと入院してもらうこととなりますが、転移がなければガン腫瘍の切除と抗ガン剤の服用により、ガン治療を行なうことができるでしょう。東京で定期健診を歯医者さんにお願いすれば、こうした口腔ガンの早期発見にも繋がります。健康ドックと同様、歯科での定期健診はとても重要なものだと言えるのです。