ドクター

歯医者が行なう様々な施術|痛みの負担もない治療法

安全に抜歯する

治療室

多くの人が経験する歯のトラブルといえば、親知らずが生えてしまうことが挙げられます。親知らずとは、もともとは本来生えるはずであった奥歯の永久歯です。しかし顎が小さいことできちんと生えることができず、虫歯や他の歯を圧迫するなど、さまざまなトラブルを引き起こす原因となります。きちんと上を向いて生えれば問題なく使い続けることはできますが、顎が小さいせいで歪んだ状態で生えることがあり、他の歯の歯並びを悪くする場合があります。また、歪んで生えた親知らずは歯全体を歯磨きによってケアすることが難しく、虫歯になりやすいというリスクもあります。奥に生えるものであるため、歯磨きのブラシも届きづらく、虫歯や歯周病などに罹りやすいのです。親知らずが虫歯になると痛みが引き起こされるほか、虫歯でない健康な歯も歯周病や虫歯になることがあるため、注意しなければならないのです。東京親知らずによって痛みなどの問題が現れた場合、速やかに歯医者さんに抜歯してもらう必要があります。特殊な生え方をするため、通常の歯の抜歯より困難を極めますが、東京の歯医者さんはきちんと麻酔処置を行ない、患者さんに負担を掛けずに取り除いてくれるでしょう。

東京にある歯医者さんは、歯列の奥に生えた親知らずを安全に抜歯します。専用の器具によって顎の骨から親知らずを取り除き、残った膿や虫歯菌などによってダメージを負った部位も除去します。麻酔薬と同時に止血剤を注射しているので、出血も最小限に抑えることができるのです。親知らずは完全に歯が露出することはなく、歯茎にほとんど埋まった状態になっていることもあります。東京で話題になっている歯医者さんでは、歯茎の一部を切開し親知らずを取り除いてくれるので、どのような生え方をした歯も問題なく抜歯できるのです。